女性にとって、輝き続ける日々こそが人生の宝物。
プチーチカは、そんなあなたの未来への扉でありたい。

名古屋市天白区平針3丁目110 バロン平針2F
電話予約 052-800-0098


プチーチカ日記

山本の愚かな休日 前編「罪とバチ」

砂浜を掘って掘ってひたすらに掘って。

それは永遠の作業でした。

のどは乾き、陽も沈みかけ砂浜には私ひとり。

この事態どぉすればいいんだ!!!

 

時間をさかのぼる事、夜中の2時。

山本は伊良湖岬に向けて車を走らせていたのでした。

世の中の人たちが自粛の生活の中、

勝手に自分の作ったマイルール「会わず、しゃべらず、触れ合わず」のスローガンを胸に

ひた走らせていたのでした。

サウザーか。

 

お昼まで釣りを楽しんだ後、しばらく昼寝をして

さて2ラウンド目がんばるか〜〜〜!

海岸沿いの砂地の道。

4月の爽やかな風を頬にうけ、コロナウイルスなぞどこふく風。

海にきた時のこの万能感!

気持ち悪!!!

お待たせしました

この万能感が粉々に崩れ落ちるまで

5、4、3、2、1、、。

 

あれれれぇ〜〜〜〜

車が前に進まないぞ〜〜〜。

 

車を降りてタイヤを見ると砂地に後輪がめりこんでおります。

いわゆるスタックというやつ。

こういうときはバックにギアを入れて

アクセルふむ、っと。

車は微動だにせず車体が右に傾きながら地面に沈んでゆくのが実感できました。

やば〜〜〜(冷汗)

車はタイヤが地面にめり込んでしまいまるで王蟲のよう。

いい子だから森にお帰り。などという戯れをのたまう余裕なぞございません。

こうなったら掘るしか無い!!

さすがにテンパる。

「バチじゃあ〜〜バチがあたったんじゃ〜〜大地の神、いや小池百合子様のバチが当たったんじゃ〜〜」

考えろ!!考えるんだ俺!!!

とりあえずタイヤが見えるまで掘って、ある体後の空間ができたらそこに

木の板などをかませて脱出するのだ!何かで読んだ!!気がする、、。

そう思った私は無我夢中で素手にも関わらず砂浜を掘りはじまるのでした。

それがもがけばもがくほど地中深く沈んでゆくアリ地獄とは知らずに、、。

後半に続く。

 

 

 

 

 

Comments

  1. 大場智子 より:

    今のヘアスタイル、気に入っています。
    しかし家族でさえも未だ見てもらえない状況です。
    スマホ使用時間が増えている今日この頃にてブログ拝見、、山本さん、何が起きた⁇
    後半に続く…気になります‼︎

  2. 山本 より:

    こんにちは山本です!!いつもブログ見て頂き感謝です。すんみません(汗)ただでさえ閉塞的な今。みなさんの非難も承知でバカな事書いてます。なるべく悲観的にならず笑顔を忘れずいきたいですね!!早く安心して美容院に来れる日になる事を祈っています。その日までお元気でいてください!!!僕もがんばります!!!